亮月製作所*おたよりコーナー

NAME MAIL
SUBJECT URL
COLOR

PASS  

本サイトと関係のない書き込み(広告等)は削除します。


[HOME] [携帯で見る] [HOWTO] [SEARCH] [ADMIN MENU] [ランキング]

NonSubject  NAME:モリサワのお膝元在住   
最近、たまたまつけていたテレビ(確かテレビ大阪)で韓流ドラマ作品を放映していて、その字幕にナールファミリーが使われていました。「こ・た・に」の独特のカーブ、一画目と二画目のつながった「り」、見間違いではありませんでした。最近は写植のフォントが再興していっているように感じます。地元民としてはもっとモリサワフォントに頑張って欲しいところです。

No.858 DATE:2018/09/05(Wed) 22:40


ナールではないのかも?  桂光亮月(管理人)    HomePage

ナールを見掛けたとのご報告ありがとうございます。
私が把握する限りは、写研の「テロメイヤ」はもう稼働していないようですので、新しい番組だとするとどうやってナールをテロップに使用しているのか不思議ですね。それともどこかでテロメイヤがまだ生きているのか……。
映像作品の中には、ナールに酷似したデジタルフォントを使っている場合もあります。仮名は私でも重ねて見てみないと判別は難しいです。ただ約物などがナールと異なるので、注意して見ると本物かどうか判るかもしれませんね。(亮月だよりのNo.1061で解説しています。)

No.859 DATE:2018/09/09(Sun) 20:11


東側諸国の写植  NAME:モリサワのお膝元在住   
写植はヨーロッパで考案され、日本で石井・森澤両氏が実現、その後アメリカのライノタイプ社が英字写植器を普及させましたが、東側、旧ソ連などではDTP普及まで活版印刷だったのでしょうか。どなたかご存知のかたはいらっしゃいませんか。

No.853 DATE:2018/07/29(Sun) 12:02


私も知りたいです。  桂光亮月(管理人)    HomePage

東側諸国の写植……当方の資料を探してみましたが、把握しているのは「写研が旧ソ連に写植機を輸出し、日本人向け雑誌を日本語が読めないロシア人オペレータが印字した」(http://ryougetsu.net/ab_issun.html)ことぐらいで、他のことは分かりませんでした。

2015年にウクライナの方から私のもとへ、写研の写植機「SK-4E」で使われたキリル文字について問い合わせがありました。その拠り所として、旧ソ連の技術者であるAlexander Molin氏の著書『Phototypesetting. Main questions of technology』(1972年)を挙げておられたので、少なくとも旧ソ連には写真植字が存在していたのではないかと推測します。この本を入手できれば、その手がかりが得られると思いますが、なかなか難しそうですね。

という訳で私もはっきりとは分かりません。ご存知の方、ぜひお知らせください。

No.854 DATE:2018/08/01(Wed) 21:22


Re:   モリサワのお膝元在住   

 返信ありがとうございます。 ‥管理人様もわからないとなりますと、他にわかる方はいらっしゃるでしょうか… ともかく、写研用のキリル文字盤なんてあるというのは初耳でした。調べて下さり本当にありがとうございます。

No.855 DATE:2018/08/02(Thu) 00:15


サーバーエラー?  NAME:モリサワのお膝元在住   
 一時期(二週間ほどまえから)当ページを開くと「エラー:現在ご利用いただけません。」のような(よく覚えていない)メッセージが出て閲覧できない状況だったのですが、再び見られるようになって安心しました。
 話はかわりますが、近頃地元の地下鉄のサインシステムがどんどん更新されて、見慣れたフォントが減ってしまう所に、諸行無常()を感じております。ゴシック4550のtruetype化を望みます。

No.849 DATE:2018/07/15(Sun) 13:05


営団フォント  桂光亮月(管理人)    HomePage

こんにちは。返信がたいへん遅くなり申し訳ありませんでした。
そちらでもサインシステムの更新が激しいようで……痛み入ります。ゴシック4550のTrueType、20年くらい前にはデジタルフォントを見た覚えがあります。見やすくていい書体なのに、新たに使うことができず残念です。
「営団フォント」で検索するとなにやらそれらしきものが出てきますが、出典はよく分かりませんね。

No.850 DATE:2018/07/21(Sat) 11:11


Re:   モリサワのお膝元在住   

営団フォントの件ありがとうございます。私はとあるメディアミックス作品がすきで、何回か沼津に行ったことがあります。沼津までJR東海に乗って思うのは、やはり、サインシステムのゴナですね。その他にも、細かい所で沼津は写植フォントが残っていて(沼津御用邸記念公園の案内や、あわしまマリンパークでも使われていたような気がします)嬉しく思います。貴方の豊郷小学校訪問レポートを拝見して、聖地の写植について書きたくなった次第です。地元でも探せば意外と残っている(近所のスーパーのトイレの注意書きがゴナDB、タバコの棚にナールD)のですが、聖地で見かけるとなるとまた、違ったものを感じさせますね。

No.851 DATE:2018/07/24(Tue) 00:44


NonSubject  桂光亮月(管理人)    HomePage

豊郷小学校の訪問レポートも見てくださったようで、ありがとうございます。

画面の中で観たものが現実の世界にあると、作品の世界観や登場人物がそこに息づいているような感じがして、とても嬉しいですよね。
私が住む岐阜県東濃地方は、今放映しているNHK朝の連続テレビ小説の主人公の故郷ということになっていて、居ながらにして聖地巡礼している状態です。よく行く場所が画面に映ると不思議な気持ちになります。

JR東海のゴナによるサインシステムは、何度見てもよくできていると思います。書体や組みは目立つように設計されていますが、ゴナは文字のエレメントが統一感を持って整えられているので、がちゃがちゃしていないのが景観に貢献していると思いますね。

最近になってようやく、業として携わらない方達にも広く書体やフォントが注目されてきたので、できればもう一度、写研書体が街角に戻ってきてほしいですね。

No.852 DATE:2018/07/29(Sun) 10:00


活版印刷の続き  NAME:nasuka   
これからも頑張って続けていってほしいですね。文章が切れてしまってすみませんでした。

No.847 DATE:2018/07/07(Sat) 09:39


NonSubject  桂光亮月(管理人)    HomePage

nasukaさん、こんばんは。返信がたいへん遅くなり申し訳ありません。

7月7日放映の「にじいろジーン」ですね。タイミングが悪く見逃してしまいました。
以前から岐阜市に活版印刷所があることは存じていましたが、全国ネットのテレビ番組で取り上げられたのはすごいですね。
テレビでは「二階堂」という焼酎のコマーシャルで、五島列島の小値賀島にある活版印刷所が登場しますね。そちらも若い女性の方が活躍されています。『翼の王国』(だったか)に記事が載っているのを見て以来、一度取材に伺いたいと思いながら10年近くが経ってしまいました。

活版印刷は、細々とであっても産業として残っていくだろうと思いますが、写植はどうでしょう、印刷原稿を作るための部品であってそれそのものが商品とはならないことや印刷のワークフローが写植を必要としなくなったこと(つまり産業として成り立たない)、装置が複雑で写植機の寿命と命運を共にしていること、一般に殆ど知られていない(一般からの需要がない)ことなど、活版印刷とは状況が大きく異なります。

だからと言って私が写植のために何かできるかと言えば全く無力です。無力でないとしたら、やり方が間違っているのかもしれません。その答えが見付からず、閉塞感の中にいる……などと愚痴をこぼしてしまいすみません。

No.848 DATE:2018/07/14(Sat) 21:57


活版印刷いました。  NAME:nasuka   
今日(7/7)、フジテレビの朝の情報番組で久しぶりに岐阜県で活版印刷を見ました。東中野で働いていた時も中野坂上で活版印刷屋があり、お世話になったことがあります。因みに今日の活版印刷を勤しんでいる方は女性の方でとても意思の強さが画面から溢れていました。

No.846 DATE:2018/07/07(Sat) 09:36


NonSubject  NAME:モリサワのお膝元在住   
はじめまして、私は高校生でございます。元々鉄道が好きで、駅名標などのフォントを調べていた際にwikipediaのページに見本がないフォントがあって、その見本の画像を探していると当サイトにたどり着きました。これからも応援し続けていきたいです。

No.842 DATE:2018/06/22(Fri) 21:45


はじめまして。  桂光亮月(管理人)    HomePage

書き込みありがとうございます。
写植専用書体は印字できる業者が少ないこともあって、特にモリサワやリョービの書体はネット上にもあまり掲載されていないですよね。アウトラインサービスもなく、新たに使われる機会も殆どありません。駅名標の写植書体、減ってはきているもののまだまだ生き残っていますね。少しでもお役に立ちましたら嬉しいです。今後ともよろしくお願いします!

No.843 DATE:2018/06/25(Mon) 21:36


Re:   モリサワのお膝元在住   

返信大変ありがとうございます。個人的に好きなフォントは「JNR-L(JR東海の駅名標の漢字部分)」です。おそらく写植の書体のはずなのですが、開発したリョービがモリサワに事業を譲渡したので、文字盤などがどうなっているのか気になります。それと、IRいしかわ鉄道が3セク化した際、新規に「ゴナ」を用いた駅名標が使用されているらしいです(かつてはJR西日本が新ゴを使っていたのでそのはずです)。

No.844 DATE:2018/06/25(Mon) 22:37


新ゴ→ゴナ  桂光亮月(管理人)    HomePage

鉄道関係の写植の話題、ありがとうございます。
IRいしかわ鉄道の駅名標、見てみました(現地へ行って見た訳ではありませんが)。北陸新幹線開通で第三セクター化した際に駅名標の使用書体を従来の新ゴからゴナへ変えた(戻した?)ということでしょうか。すごく珍しいと思います。でも英断ですね。やはり公共のサインは真面目なゴナが似合っていると思います。
私がよく使う名古屋市営地下鉄のサインシステムは、かつてゴナBが使われていましたが、正式に新ゴDBが指定されてしまっています。仕方がないとはいえ、ゴナの作者の中村征宏さんのお膝元でもありますから、もう一度ゴナに戻った駅名標を見てみたいですね。

No.845 DATE:2018/06/27(Wed) 21:43

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18]
MAINTE NO PASS

--ABC-CGI--
kent