亮月製作所*おたよりコーナー

NAME MAIL
SUBJECT URL
COLOR

PASS  

本サイトと関係のない書き込み(広告等)は削除します。


[HOME] [携帯で見る] [HOWTO] [SEARCH] [ADMIN MENU] [ランキング]

ありがとうございます  NAME:ひろみち   
桂光亮月 様

ご返事ありがとうございました。これからもちょくちょく遊びに来ますので宜しくお願い致します。

No.802 DATE:2014/02/11(Tue) 13:56


どういたしまして。  桂光亮月(管理人)    HomePage

ひろみちさん、こちらこそありがとうございます。
また覗いていただけましたら嬉しいです!
今後ともよろしくお願いいたします。

No.803 DATE:2014/02/12(Wed) 21:40


写植!  NAME:ひろみち   
平成のこの時代にまだ「写植」を話題としたサイトがあったなんて驚きと感激でいっぱいです。かく申します私は、昭和50年代後半に東京の職業訓練校で半年間のコースで写植を学び、その後は「写植オペレーター」として数年間を経験しました。主として使用した機械は写研の「3RY」と、少し進化した「ジャック」と言う機械でした。残業も多くやりましたが、信じられない程収入があり、車につぎ込んでいた時代でもありました。懐かしいです。

No.800 DATE:2014/02/08(Sat) 17:37


まだまだ現役です!  桂光亮月(管理人)    HomePage

ひろみちさん、はじめまして。
私のサイトをご覧になって懐かしんでいただいてありがとうございます。
SK-3RYとPAVO-J(パボ・ジャック)といえば、機械式手動機の花形でしたよね。
写植のお蔭でビルが建ったとか、好きなものを買い放題だったとか、色々なお話を聞くことがあります。これから写植が更に発展していくという良い時期にご経験されたのですね。
写植は、今では僅かになってしまいましたがまだ印字している会社があります。私も現役で手動機を使っています。
これからも生きた写植を残していくために活動していきます。またご覧いただけましたら嬉しいです。

No.801 DATE:2014/02/10(Mon) 18:22


お得意様への通り道  NAME:nasuka   
以前書いた、出版社へ原稿を受け取りや届け出に行ってた時に末広通りがあり、そこに落語や漫才でお馴染みの「末広亭」を横目で見ながら目的地まで歩いたことがありました。
当時は独特な咄家が多く私自身、好きな咄家としては今は亡き゛春風亭柳昇゜師匠です。あのさわりの話かた、今の咄家では絶対真似の出来ないものでした。
また、末広亭の前にある本日の出演での勘亭流の味のある文字や朱色を付ける事による色物(奇術や漫談・コント等)も楽しみの一つでした。

No.796 DATE:2013/11/13(Wed) 09:44


NonSubject  桂光亮月(管理人)    HomePage

nasukaさん、ありがとうございます。
お仕事の道すがら落語を味わえたなんて素敵ですね。
またお仕事でのエピソードがありましたら教えてくださいませ。

No.797 DATE:2013/11/22(Fri) 18:24


以前、勤めていた写植屋(その2)  NAME:nasuka   
余りにも写植以外の話ばかりなので、今回は自分が携わっていた会社の話を少ししますね。
東中野にあった写植会社で主に入社当時から仕事としてやっていたのは、三流雑誌(ミコスリ)が多く新宿二丁目の出版社(察しの好い人はピンときたと思います)に原稿を取りに行ったりしてました。
原稿は主にエロで特太明朝体やナールDが主体で場面場面によって新書体(発売されたらすぐ購入)を使用し、好評ならドンドン使う。不評なら勿体無い目に合うこともしばしばでした。
使用級数はある場面()では62〜100Q、場合によっては拡大カメラを使い思いっきり級数を上げる指示もありました。
また、自分でPAVO(ブラウン管のついている)を使いJQレンズを使って、表紙作成したり、かなり好き放題なことをやっていた記憶があります。

(また今度は機会があれば同じ会社の別の話をしていきたいと思います)

No.794 DATE:2013/10/31(Thu) 01:30


腕の見せ所  桂光亮月(管理人)    HomePage

nasukaさん、いつもありがとうございます。
なかなか知ることができないジャンルの裏側のお話、興味深いですね。1980年代は様々な新書体が生まれ、手動写植機にも画面が付いて、より自由に相応しいものを探ることができるようになりましたね。見る側だけでなく作る側も文字での表現を楽しむことができたのではないでしょうか。
想像力をかき立てるための書体や組み方、今でも腕の見せ所ですね。

No.795 DATE:2013/11/06(Wed) 21:02


ヨコハマ買出し紀行  NAME:nasuka   
本当に懐かしいコミックス名が出てきて思わず感動してしまいました。私も買出し紀行のアルファさんのほか登場人物にかなり共感を得ており(私の好きな登場人物はココネですね)初期のコミックスを買い亮月さんと同じように、部屋で見かけるとつい時間を忘れて見入ってしまいますね。最近では、『ガールズ アンド パンツァー』のコミックス(アニメの方が良いという方もおりますが)も購入してひたすら萌えております。
他にも、四コマ漫画の華々つぼみさんの『コドクのなかの私』や『放課後アトリエといろ』が最近のお気に入りです。

No.792 DATE:2013/10/22(Tue) 21:25


ココネさん!  桂光亮月(管理人)    HomePage

nasukaさん、こんばんは。
返信が遅くなりすみません。
『ヨコハマ買い出し紀行』はどのキャラも魅力的で、もっと掘り下げて描いてほしかったですよね。ココネさんはアルファさんのことがとてもお気に入りなところが可愛いですね。
華々つぼみさんはほんわかとした画風なのですね。私もそういう絵柄が好きです。

No.793 DATE:2013/10/27(Sun) 21:15


以前購入したCDについて  NAME:nasuka   
最近、アニメのオープニングやエンディング(小生の場合、『Garls Und Panzer』や亮月さんで話題の『タマコまーけっと』(特にアニメの中で流れている劇中曲に感動してこんな曲もいいものだなぁと思いつつ聞いております。
けいおんでは『No,Thank You』の映像と音楽のノリが良くて好きですね。
話は変わりますが、以前自分が購入していた雑誌(マーキー(プログレ専門誌))ですが、その中で藤本恭子さんの1st『しあわせの彩色(いろ)』CD:FHCF-2019、2nd『時の岸辺』CD:FHCF-2112,をよく勤めの行き帰りや休みの日に聞いておりました。
1stも2ndもバランスが良くす〜ッと身体や脳に入っていき、何度も何度も聞き流せる精神安定によい、今でもお気に入りのCDです。
(URLはうまく出てましたでしょうか?)
最近は昔の話もしないで購入した物の書籍などの話ばかりで本当にすみません。次回は少しでも、勤めていた会社の話でもできたらと思っております。



No.788 DATE:2013/06/27(Thu) 02:55


劇中歌  桂光亮月(管理人)    HomePage

nasukaさん、こんばんは。
いつも書き込みありがとうございます。

『たまこまーけっと』は作中のレコードから流れる歌やBGMがさり気なく凝っていて素敵ですよね。第2話の劇中歌が一番好きです。聴く度に胸が一杯になってしまいます。
『けいおん!』はBGMがとても気に入ってはまってしまったという変わった入り方でしたが、楽曲が本当に良くてよく頭の中で流れています。『No, Thank You』は私も好きですよ。
藤本恭子さんについてのご紹介もありがとうございます。
存じ上げませんでしたが、アルバムに入っている曲の一部を聴くことができ、日の出を迎えたときや静まりかえった深夜のような清澄さを感じました。

こういったお話も嬉しいです。またお聞かせくださいね。

No.789 DATE:2013/06/29(Sat) 22:37

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18]
MAINTE NO PASS

--ABC-CGI--
kent