亮月製作所*おたよりコーナー

NAME MAIL
SUBJECT URL
COLOR

PASS  

本サイトと関係のない書き込み(広告等)は削除します。


[HOME] [携帯で見る] [HOWTO] [SEARCH] [ADMIN MENU] [ランキング]

モリサワが丸ツディ・丸アンチックほか発表  NAME:kami   
初めまして。このサイトを見て、フォントが知り、好きになったkamiと申します(現在高2です)。ずっと前から見ておりましたが、こちらに書き込むのは初めてになります。

そういや、MORISAWA PASPORT「アップグレード2008」の総書体数356書体の中から、コミック・POP用新ゴ書体・新ゴの英字書体、学参書体が発表されましたが、その中にナール・石井太丸ゴシック体のオマージュとも言うべき「丸ツディ」「丸アンチック」が出ましたが…やっと使いたい書体が出ましたね。ここで「太ゴB1」のDTP化などが出れば最高ですが・・・。
桂光亮月さんはこの件について、どう思われますか?初心者なのに申し訳ないです(汗)

No.427 DATE:2008/12/10(Wed) 12:54


モリサワの新書体  桂光亮月(管理人)    HomePage

 kamiさん、はじめまして。


 私のサイトは「写植」のファンサイトという、いまや文字の世界では“辺境の地”みたいな所ですが、ここがきっかけで書体に興味を持たれたようで嬉しいです。


 高校2年生なんですね。
 勉強などは大変だと思いますが、これから時間がたっぷりあるでしょうから、興味のあることからどんどん楽しんでいきましょう。


 さて、モリサワが11月末に発表した新書体ですが、フォントワークスの新書体発表の時と同じく驚きました。
 「丸ツデイ」については、私はナールの独特な字面と同じような印象は受けませんでしたが、モリサワらしい骨格と大きな懐を持った癖のない丸ゴシック体で気持ちがいいなぁと思います。
 もともと写植の「ツデイ」が割と好きな書体だった(漢字とのバランスは△)ということもありますが、「丸ツデイ」も機会があれば使ってみたいです。


 「丸アンチック」は名前だけ知った時、「丸明オールド」の仮名みたいなやや強弱のあるものを想像していました。
 ところが書体見本を見たら、石井丸ゴシック体ファミリーによく似た字形をしていてびっくりしました。「アンチックじゃないやん!」とツッコミを入れてしまいました(笑)。
 私も長年、オールドスタイルの丸ゴシック体をDTP用のフォントで発売してほしいと思ってきた一人ですし、「丸アンチック」の字形は素直なので喜ばしいことではないかと思っています。石井丸ゴシック体によく似ているので「また物真似書体かー」とも思いましたが(笑)。
 オリジナル(?)の石井丸ゴシック体との使い分けが難しい(石井が使われてきた用途を丸アンチックが取って代わる)のではと思いますが、私はオリジナルとの違いを気にしてしまうので(笑)今まで通り写植で石井丸ゴシック体を発注すると思います。
 ただ、懐がとても広く現代的な「新丸ゴ」が漢字に使われているようでは、懐が狭く古風な丸アンチックとのバランスが取れていないので、普通の丸ゴシック体(中丸ゴシック体BDB1とか)の漢字を使えるようにしてほしいですね。
 現時点ではフォントワークスの新しい丸ゴシック体「筑紫A丸ゴシック-B」の漢字と組み合わせるとすごくいい雰囲気になりそうですね。
 あとは本命「太ゴシック体B1」の発表を待つばかりです。


 これで写研の書体と同じようなコンセプトを持つDTP用書体が大方出揃ったように思います。
 ディスプレイ(見出し用)書体は個性の塊ですからどうしようもないとしても、基本的な書体は取り敢えず写研っぽいものは出たのではないかと。
 なので「写研の真似をする」時代はこれで終わり、これからは「写研を超える」時代に入るのではないかと思っています。
 こうして写植(写研書体)の役割が更になくなっていくことは個人的には非常に残念ですが、書体の世界が進歩するためにも、完成度が高くて長く愛される美しい書体が増えていくことを楽しみにしています。

No.428 DATE:2008/12/10(Wed) 21:35


Re:   yukawa   

こんにちは。河中と申します。
以前何度か書き込みをさせていただいて以来、ご無沙汰してしまっておりました。

フォントワークスの新書体、私も同様にびっくり&喜びました。
特に筑紫A丸ゴシックについては、「ようやくDTPでオールドスタイルの丸ゴシックが使える・・・」という安堵と、「なぜ今までこんなに待たされたのだ・・・」という憤慨の気持ちが入り混じった、妙な感覚を覚えました。

さらに、レッツ限定ということでかなりがっかりしたのも同感です。
しかし、どうも筑紫のかなはゴシックも明朝も丸ゴシックも癖があるように感じてしまいます。嫌いというほどではないのですが、まだ「味」ではなく「癖」としてとらえてしまいます。(イワタの昔のゴシックのかなの、ちょっと間抜けな感じなどは、「味」として受け入れられるのですが)

それにしても、今でも石井丸ゴシックはいろいろなところで使われていますね。
最近では、クイックルワイパーか何かのCMで、床にCG合成されているのを見かけました。(恐らく写植のアウトラインデータを取り込んでるのだと思いますが、よくもそこまでするな・・とも思えます)。

既にご存知かもしれませんが、カタオカデザインワークスから、同じくオールドスタイル丸ゴシック「丸丸ゴシック」というものが出るようです。
祖父江さんが監修された「フォントブック」という書体見本帳に、「開発中」という但し書き付きで掲載されているのを見かけました。しかし、どうもネット上に情報があまりありませんので、名前が変更になったか、開発が遅れているか、かもしれません・・。

No.441 DATE:2009/01/06(Tue) 18:08


DTP用丸ゴシック体  桂光亮月(管理人)    HomePage

河中さん、こんにちは。

フォントワークスの新書体について、特に「筑紫A丸ゴシック-B」の感想が私とほぼ一緒のようで、やはり私だけではなかったかと安心(?)しました。

「味」と「癖」の違いですが、そのものの魅力に繋がっているものが味、何か傾向があって気になってしまうものが癖だと捉えています。
筑紫A丸ゴシック-Bについては、開発者のこだわりが強く出過ぎているのではないかというご意見をよく頂きます。(開発者は写研出身者らしいのですが……)

モリサワ・フォントワークスから12月にオーソドックスな丸ゴシック体が発表されても、それ以降に始まったテレビコマーシャルで“本家”の石井太丸ゴシック体が使われる例を見かけています。
年間契約専用書体(単品売りをしていない)という制約があるからでしょうけど、同じく利用に制約がある写研書体を使ったのは、それでもこの書体を使いたいという制作者の意思があったのではないか、と勘ぐってしまいます。

「丸々ゴシック」のことは恥ずかしながら知りませんでした。
どのようなデザインなのかも全く分かりませんが、「丸明オールド」のように活版時代の書体を下敷きにした骨格のものなのでしょうか。
気になるので書店で調べてみます。

No.443 DATE:2009/01/12(Mon) 23:08


Re: 2013.3.9(土) 23:00  796 ありのままこそ美しけれ  NAME:のみぴょん   
ども。日記に出てきたNです。特に謝られるようなことをされた覚えはないです。むしろ以前お会いした時にベースアンプの扱いを間違えまくって嫌われたかも、と思っていたのですが、取り敢えずまだ嫌われてなかったみたいでほっとしたりしてました。(というか、本当にすみませんでした。)
というか、そんなに酔ってたんですね。全然そんな風には見えませんでした。
P.S.今月末ご一緒できることになりました。足を引っ張らないように頑張りますのでよろしくお願いします。

No.768 DATE:2013/03/17(Sun) 02:12


お気になさらず!  桂光亮月(管理人)    HomePage

のみさん、こんばんは。
9日はありがとうございました! のみさんの気分を害するようなことになってなくて本当によかったです。
帰りの電車がかなりしんどかった覚えがあるので、実際に大分酔っていたのですよ。普段とあまり変わらないように見える状態で何喋ってたんだという方が恐ろしいです(笑)。
ベースアンプ(スピーカーみたいなのの方ですよね)の件はお気になさらず。役に立ってこその道具ですよ♪ でもフォンジャックに挿すヘッドフォンアンプの方が壊れたら泣きます。
早速今月末にのみさんとご一緒できるようで嬉しいです。音の厚みが全然違ってくると思うのでとても楽しみにしています! 某さんとサークル内対バンになるとかならないとか!?

No.769 DATE:2013/03/17(Sun) 21:50


Re:   のみぴょん   

あ、気にしてたのはヘッドフォンアンプの方です。
壊れたら多分半分以上僕のせいです。
どうしたら補償できるか今のうちから考えておきます。

Rさんは電気楽器を使うのはちょっと…、と
難色を示していたのですが、
無理を言ってベースで参加させてもらうことになりました。
今から楽しみです。

No.770 DATE:2013/03/17(Sun) 22:06


大丈夫でしたよ〜  桂光亮月(管理人)    HomePage

ヘッドフォンアンプはその後も無事使えてます。大丈夫ですよ。また使ってやってください。
物が物なので、当時あの場に持って行ってしまったのは冷や冷やものでした。理解のある人達ばかりだと信じたい(?)。

月末はベースですか! 待ってました!
演目の性質上、ヴォーカル、コード楽器、パーカッションがあってベースがないのはやはり寂しいので、ホント助かります♪

No.771 DATE:2013/03/17(Sun) 22:17


Re: 楽しみにしております!  ロザンヌ    HomePage

のみぴょんさん、亮月さん、
先日はいろいろとお世話になりました!

少しずつ生活の基盤ができ始め、余裕が出てきました。
月末はよろしくお願いいたします!
今度はどんな化学変化が起こるのか、今から楽しみです!


No.772 DATE:2013/03/24(Sun) 18:30


こちらこそ!  桂光亮月(管理人)    HomePage

ロザさん、こちらこそ先日はありがとうございました!
新生活も軌道に乗ったようで、なによりです。
この3人が揃って人前で演奏するのは初めてかも!? 新展開に期待しています!

No.773 DATE:2013/03/24(Sun) 22:14


NonSubject  NAME:masuke   
とても面白いサイトですね!まだ初見でサイトの隅々まで見れてませんが思いを書きたくコメントです。素敵です!愛を感じます!(褒めすですか?ww)


No.766 DATE:2013/02/19(Tue) 01:44


ありがとうございます!  桂光亮月(管理人)    HomePage

masukeさん、こんばんは。
返信がたいへん遅くなり申し訳ありません。
初めてご覧くださってコメントいただいたようで、ありがとうございます!
自分の好きなことばかりを集めたサイトなので、そう言って頂けてとても嬉しいです。
愛ある限りここにあり続けます! よろしければまたご覧くださいね。

No.767 DATE:2013/02/21(Thu) 21:06


一時期を使っていました  NAME:くまさん   
昔一時都内の某印刷所でモリサワのMK300MK2を仕事で使っていました、当時の事が今のように思い出します。

No.764 DATE:2013/02/04(Mon) 21:40


ありがとうございます  桂光亮月(管理人)   

くまさんさん、こんばんは。
モリサワの電算についてはまだ勉強不足ですが、MK300はWYSIWYGを実現し、ベクトルフォントを搭載した画期的な機種だったようですね。
この機種の登場から四半世紀以上経ってしまいました。物事の移り変わりは本当に早いものですね。
またこのサイトで懐かしんでいただけたら嬉しいです。書き込みありがとうございました!

No.765 DATE:2013/02/07(Thu) 22:37


昔の話 その3(本の話)    NAME:nasuka     
お久し振りです。
部屋を整理してみると過去に購入した印刷関係、もしくはそれに準じた書籍がよく出てくるようで、今回は小説家の倉阪鬼一郎氏が印刷会社で年収(月収ではない)14万円に限りなく近い無職の時代の校正時代(昭和64年・平成元年〜平成9年)の話をまとめた幻冬舎文庫『活字狂想曲』を紹介したいと思います。
正直、写植オペレーターにとって校正者は胡散臭い存在かもしれませんが、校正者も人間・・・、言いたい事も山程ある訳で短気な作家(倉阪氏)から見た印刷会社の人間模様(写植会社も含めて)を入社3年目から退職に至る経緯までを綴ったエッセイであります。
最近では、幻冬舎文庫も古い物はネットで見るか、ブックオフで見かけるかのいずれかですが、興味があれがまずはネットの批評を見て購入をお薦めいたします。(☆印は4☆か5☆ですね)

あと、倉阪氏の小説といえば祥伝社文庫の『文字禍の館』というホラーものを出しておりますが、内容は思わず仰け反るほどの”文字の恐怖”を味わうことが出来ますよ〜〜。

No.757 DATE:2012/10/11(Thu) 01:08


ありがとうございます  桂光亮月(管理人)    HomePage

nasukaさん、本の紹介ありがとうございます。
『活字狂想曲』、生々しそうで興味深いです。取材で写植を知る方のお話を伺うだけでなく、そういった文学作品を通して見つめてみるのも面白いかもしれませんね。
『文字禍の館』……怖い話はあまり得意ではありませんが、“文字の恐怖”とは一体……読んでみたいような、みたくないような(笑)。ご紹介ありがとうございました!

No.758 DATE:2012/10/15(Mon) 20:50


はじめまして  NAME:ああ゜   
1年ほど前、「アンチック体」からこのページにやってきて、うっかり写植好きになった者です。ところで、「迷你简K体」や「Dotum」、「風雅ゴシック」などの写研の書体を模したフォントをご存知でしょうか?(URLが何故か貼れないのでこんなカタチですいません)自分は写植機を持てる環境にないので、こんなフォントでも「ありがたい」と思ってしまうのですが、"本物の書体"をもってらっしゃる亮月さんから見てどう思われますでしょうか?

No.754 DATE:2012/10/08(Mon) 14:31


Re:   ああ゜   

失礼しました。"迷你简K体"はhttp://www.google.co.jp/search?q=%E4%BD%A0&rlz=1C1SKPC_enJP324JP343&oq=%E4%BD%A0&sugexp=chrome,mod=8&sourceid=chrome&ie=UTF-8#hl=ja&safe=off&rlz=1C1SKPC_enJP324JP343&sclient=psy-ab&q=%E8%BF%B7%E4%BD%A0%E7%AE%80%E9%BB%91%E4%BD%93&oq=%E8%BF%B7%E4%BD%A0%E7%AE%80%E9%BB%91%E4%BD%93&gs_l=serp.3...10301.23069.2.23863.2.2.0.0.0.0.110.171.1j1.2.0...0.0...1c.l6BvKF_4DXg&psj=1&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.&fp=13f09c79435548a1&biw=1280&bih=687こういうフォントです。

No.755 DATE:2012/10/08(Mon) 14:33


はじめまして。  桂光亮月(管理人)    HomePage

ああ゜さん、はじめまして。
検索結果とその書体名はこちらの環境ではうまく表示されておらず見ることができませんが、
手動写植機では打てる文字が時間的に限られるため、写植機を持たない方と同じような文字環境だと思っています。
ですから私の場合、タイトルなど主要な文字は自家印字、もしくは写植屋さんやアウトラインサービスに依頼し、
実用上全てを印字するのが困難な本文はDTP用のデジタルフォントを使用しています。
積極的に写植やそれに関する資材を使っていかないと廃業や生産中止となって本当に写植が消滅してしまうので、
少しでも長く生き残って欲しいという意味でそのようにしています。類似書体は写植が使われる機会を減らす上、組みが乱れるので使いません。
焼け石に水かもしれませんが、それがいち写植ファンとしての姿勢だと思っています。

No.756 DATE:2012/10/10(Wed) 21:08

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18]
MAINTE NO PASS

--ABC-CGI--
kent